よくある質問

できれば短期間で自宅の査定を済ませたいのですがどれくらい期間が掛かる?
訪問査定という方法であれば査定を対応する会社や物件によっても少し変わってきますが、およそ1日から7日程度で査定対応することが可能です。 机上査定である簡易的な査定方法であれば査定結果は即日にをお知らせすることができます。
売却がしやすい時期はいつ?
特に決まった時期は存在しませんが、自宅購入希望者が増える時期を狙って売却すると、とてもよいスムーズな売却活動をすることができるでしょう。 例えば、3月や9月などの人事異動から転勤が多い時期にはそれに伴い、購入希望者も増えることがあります。 しかし、そんなに急いて売却を早める必要はありません。 大切なのは気持ちとそれに伴うタイミングですので、売りたいと感じたいときや売るべき時がきたら対応するのでも問題はないでしょう。 仲介手数料とはいつ払うものなの?仲介手数料は売買契約が成立した場合に払う成功報酬ですので、売買契約が成立してから払いましょう。
リフォームすれば自宅の売却額はあがるの?
リフォーム物件は基本的には物件の価値が高まるとされていますが、 必ず高く売れるとは限らず中には損をしてしまう可能性もあります。 いくらお金をかけてリフォームしたからといって購入者がリフォームを気に入っていなけされば、かけた費用分だけ損をしてしまいますよね。 また特に古い建物には注意した方が良いでしょう。
売れ残りを防ぐにはどうしたらいいの?
「いつまでたっても売れなかったらどうしよう…」。 そんなシビアな問題に直面する人も少なくありません。 買い手をつかみ取りたいなら価格を下げることも、スムーズな売却のコツではありますが その前になぜ売れないのか、営業担当者と相談して原因を探ってみることが大切です。 最も多い理由は高額価格の設定にあり、多くの購入者から敬遠されることが多いようです。また、室内の汚れ、破損が気になるといった声も多いようです。 室内を綺麗にするためのハウスクリーニングだったり、破損個所をなおすためのリフォームといった作業が必要となります。
不動産会社に軽い気持ちで査定のお願いをしてみました。売却しなくても別にいいのですよね?
不動産会社に見積もり査定を依頼したとしても、必ず売らなくてはいけない訳ではないです。 査定金額を参考にして、あなたの判断でお決めください。まずは気軽なお気持ちでご依頼して大丈夫です。
不動産売却にかかる期間とは?
誰もが自宅を売るならば、短期間で高く売りたいを願うものです。 もちろん早ければ売り出し後3日で買い手がついたというケースもあります。 ところがその話には続きがあり、いざ売却額を手にすると当初よりもだいぶ安い価格で売っていたという顛末が待っています。 ケースにもよりますが、大体は売り出しから売買契約をするまでにおおよそ3か月程度時間がかかると考えておくものです。 しかも売買契約をしてからすぐにお金が入るかというとそうではなく、 多くの自宅購入者が住宅ローンの利用を選択するため、 売買契約を締結してからお金が入ってくるまで1カ月は見ておいたほうが良いでしょう。 すなわち、不動産売却には売り出しからお金が入るまでの期間はケースにもよるものですが、だいたいの場合4~5か月程度の期間を要するものだと思っていてください。

不動産査定士②

TOPへ