よくある質問

自宅を査定してもらうにあたりどれくらいの日にちがかかると思っておけばいいですか?
査定する物件や不動産会社の対応によって期間が異なるのが前提ですが、おおよそ訪問査定であれば1週間あれば対応することができます。 自宅の価値をすぐにでも知りたい場合にはすぐに結果がわかる概算目安にうってつけの机上査定という方法が最適です。
売却に適した時期とは?
基本的に限定的な時期というものは存在しませんが、購入ニーズが高まる時期を選ぶとよい売却ができるでしょう。 つまり、転勤や異動が多いじきである春先や秋口の3月、9月に焦点を絞ってみるとよいでしょう。 しかし、そんなに急いて売却を早める必要はありません。 急いでしまってはあなたの売りたい気持ちだったり、売るべきタイミングを逃してしまったりとデメリットも大きいのであなたのタイミングで売るのが一番よいでしょう。 仲介手数料は売却を中断した時にでも払うものですか?不動産会社への仲介手数料はあくまでも成功報酬ですので、売却が成立しなければ支払いの義務は生じません。
リフォームでより高く自宅を売ることはできる?
最近の傾向としてリフォーム物件は特にニーズが高まっていますが、 絶対に高額売却で売れるとは限らないため注意が必要になります。 リフォームは確かに自宅の価値を高めますが、必ずしも相手(購入者)が気に入るリフォームになっているとは限らないです。場合によってはリフォーム費用を損する結果にもなりかねません。 注意すべきは年数がたっている自宅であるという場合です。
売れ残ってしまった自宅、対処方法は?
「いつまでたっても売れなかったらどうしよう…」。 そんなじれったい不安な気持ちや経験をされる方もなかにはいます。 早く売りたいなら価格を下げることが常識ではあるものの、 売れないことには何か理由があるはずですので、プロの意見を交えて理由を探してみましょう。 売れない理由の1つに価格が高すぎるということも多いようで、この場合は思い切った適正地までの価格訂正が必要です。またもう1つの理由として、汚れていたり壊れていたりするケースがあり、 これらの対処を講じる必要があります。ハウスクリーニングやリフォームなど、自分でできない点は業者へ依頼しておくことになるでしょう。
不動産査定をしたいのですが、査定をしたら売らなくちゃいけないの?
不動産会社に査定を依頼したとしても、必ず売却しないといけない訳ではないです。 出された査定価格に納得した時だけ契約をすればOKです。まずは気楽に査定依頼してみて大丈夫です。
不動産売却にかかる期間とは?
誰でも自宅を売却する際は、なるべく短い期間でしかも高く売りたいと思います。 売り出ししてからたったの3日で売れた!という話もよくあります。 ただし、この話の多くが安い売却額を提示していたというおまけつきの話です。 一般的に自宅の売り出しから契約までにはおよそ3か月程度は掛かるものです。 さらに売買契約後すぐに売却金を手に入れられるわけではなく、 買主側も住宅ローンを組むことが大半ですので、 売買契約を締結してからお金が入ってくるまで1カ月は見ておいたほうが良いでしょう。 すなわち、不動産売却には売り出しからお金が入るまでの期間はケースにもよるものですが、だいたいの場合4~5か月程度の期間を要するものだと思っていてください。

不動産査定士③

TOPへ