自宅を高く売り抜く為の5つのポイント

ここでは不動産を高く売る為の5つのポイントを紹介します。

 

価格設定のポイント

価格設定は不動産売却の成功の有無にとても重要なポイントです。価格設定に間違えると売却の旬の時期を逃すだけでなくいつまでも売れない売れ残り物件になってしまう可能性もあります。売り出し直後は1番売却しやすいタイミングです。しっかりと適正価格に適した価格で売り出してください。人それぞれ戦略は違いますけど明らかに相場より高い価格ですと売れる可能性は極めて低くなります。値下げを前提に考えていても値下げする物件は、印象が悪くなりがちです。戦略や見込みがないのに希望的観測での高値設定はやめた方が良いでしょう。売れるタイミングにしっかり適正価格で売り込むのが一番良い結果に繋がります。売り出しの価格設定をするときは不動産会社に相談にのり適正価格に沿った価格をつけましょう。
価格設定のポイント

 

 

検索に多くヒットさせる裏技

購入者の9割がインターネットを経由して物件を調べているというデータがあります。どのように調べているかと言うと、エリアと売却価格を指定して検索してます。そこでちょっとした裏技なのですが切りのいい数字から少し下げると見込み客の対象を増やせます。
どういうことかと言うと〇〇区で3000万円未満で探している方に対して3000万円では表示されません。2980万円にする事により一気に見込み客を増加が期待できるわけです。

 

不動産売却において10万から100万という金額は誤差の範囲、最後の一押しの値引き額と変わりません。始めから20万下げておくだけで見込み客を増やせます。
検索に多くヒットさせる裏技

 

 

ライバル物件チェック

自分と似たような物件で同エリアの物件を探してみましょう。似たような物件で価格が安い方から3番目以内に入るようにするのがポイントです。内覧をするのは多くても3社程度が多いです。ですので価格設定をするときはその物件と似たライバルの上位3位以内に入るようにしましょう。また新築マンション情報も常にチェックしておくべきポイントの1つです。売却エリアで新築マンションが立つとやはり中古より新築マンションに流れていく傾向があります。新築マンションが建つ計画があるのなら、新築マンションの売り出しが開始する前に多少値下げしてでも売り抜いた方が良い場合もあります。よく不動産会社と相談しましょう。
ライバル物件チェック

 

部屋をきれいに

部屋の印象を良くするだけで簡単に数十万円は高くなります。当然自分でできるところはきれいに掃除をしましょう。掃除場所のポイントは玄関と水回りです。玄関はいわばその家を1番最初に見る場所でもありチェックが厳しくなる場所でもあります。また帰る際も玄関から出ますので潜在意識に印象が残るとも言われてます!なるべく荷物を置かずにスッキリ綺麗に魅せるのがポイント。お花などは置いといてもオッケーです。水回りは特に注意が必要です。汚い印象ですと一気に購入意欲が下がってしまうのが水回りの汚れです。今ではきれいに掃除してくれる専門の業者などもいますのでそちらでお願いするのもありだと思います。
部屋をきれいに

 

部屋を魅力的に魅せる

内覧時は、部屋を広く明るく見せるのがポイントです。荷物などはトランクルームなどに一時的に預けてスッキリさせると部屋が広くなり印象が大きく変わります。また部屋は明るく見せるのがとても重要になってきます。内覧時はカーテンを全部開け太陽の光をしっかり取り入れましょう。その際昼間でも電気はつけておくこと。また蛍光灯が古い場合は新しく昼光色の蛍光灯を購入するだけでびっくりするぐらい部屋が明るくなります。不動産は魅せ方も売却にとって大切な要素になります。
また最後に売主の印象も売却に影響を及ぼします。内覧に来た人に対してしつこく売り込んだり、横柄な態度をとったりするといくら良い物件でも購入者からしてみればマイナスの印象となり物件の購入に至らなくなってしまう可能性があります。内覧の際は笑顔で誠実な姿勢で迎い入れるようにしましょう。
部屋を魅力的に魅せる

TOPへ