大手と地元密着型不動産会

不動産会社を選ぶとき迷うのが大手不動産会社にするか地元密着型の不動産にするかですよね。それぞれ特徴が異なりメリットとデメリットがあります。ここではそれぞれの特徴を紹介します。
宅建士案内人

 

 

大手不動産会社と地元密着型不動産会社のメリットとデメリット

 

大手不動産会社,地元密着型不動産会社,メリット,デメリット不動産売却 大手不動産会社,地元密着型不動産会社,メリット,デメリット不動産売却

 

大手不動産会社

●メリット

  • 情報量が豊富
  • 大手不動産会社特有の全国ネットワークがある
  • 不動産に関してそれぞれの専門家がいる
  • 広告費に資金を多く費やせる
  • 会社のネームバリューがあるので信頼される
  • お店に入りやすい
  • 保証が手厚い

 

●デメリット

  • その地域特有の不動産事情に疎い
  • 利益優先で売却価格を低くする可能性もある
  • 担当者に当たり外れがある
  • 大手ならではの臨機応変さがない
  • 囲い込みされるリスクがある

 

地元密着不動産会社

●メリット

  • 地元のネットワークや人脈、コネを活かせる
  • きめの細かいフレキシブルなサービスが可能
  • 親身になってくれる親切な人が多い
  • 売主の無理な要望も聞いてくれる可能性がある
  • 地域の過去の取引データや地域データを豊富に持っている

 

●デメリット

  • 広告費が大手より少ない
  • 宣特定の地域以外の買主を探すのは厳しい
  • 大手と比較すると保証が手薄くなる
  • 個人経営に近いので当たり外れが大きい

 

大手と地元密着型を比較する理由

不動産と言う高価な商品を取り扱う以上名前が知れている大きな会社の方が信頼感と安心感がある気がしますよね。それに資本主義経済では大きな会社、大きな資本がある方が資金面、知名度等あらゆる角度から有利な立場にあるのが常識です。

 

なら不動産売却も大手にしとけば問題ないと思うところですが、そうは一概に切れないところが不動産売却の難しいところです。

 

 

結局のところ不動産会社のメインの仕事は売却物件の買主を探してくる事です。地域に根ざしている地元密着不動産会社の地元のネットワークや人脈、きめの細かい臨機応変なサービスなど大手では手が回らない所でも勝負できるのが地元密着型不動産会社の強みです。

 

つまり大手と地元密着の不動産会社複数社に査定を依頼して徹底的比較してみるのが1番です。どちらも一長一短メリットデメリットがありますのであなたの物件最適な不動産会社は実際に査定を依頼して比較してみないとわかりません。

 

そこでオススメなのが不動産一括査定を利用して、不動産一括査定サイトを利用して大手と地元密着型の不動産会社に査定を依頼することです。同一条件同一タイミングで査定を依頼するので、フラットな感情で比較することができます。

 

 

 

 

物件に応じた大手と地元の選び方

 

●人気エリアにある物件
大手がお勧め
都心の駅までなどの一等地など人気エリアの場合は大手不動産会社がお勧めです。なぜなら大手なら全国に情報網が広がっているので物件情報を広める事ができます。広告・宣伝費、ネームバリューの安心感から多くの見込み客を集められるからてます。人気物件ですので紹介するだけで自然と買主が集まってきます。

 

 

 

●建物が古い物件
地元密着型の会社がお勧め
築年数の古い物件はある程度長期戦になることを覚悟する必要があります。大手の場合どうしても早く売却したい傾向にあり不必要に安く売却になってしまう流れがあります。地元密着型の不動産会社ですと地元のネットワークを生かし思わず見込み客を連れてくることも期待できます。

 

 

 

 

●広い土地を売却したい方
大手不動産会社がお勧め

 

100坪を超えるような広い土地は、売却価格も高まることもあり見込み客の分母が圧倒的に減ってしまいます。大手不動産会社ですと全国のネットワークを活かしたり、広告宣伝等で幅広く買主を探してくれます。また個人ではなく、法人や不動産屋が買い手となることもあります。

 

 

狭い土地を売却したい方
地元密着型の不動産会社がお勧め

 

狭い土地を求めてる方は予算的に少なく購入できます。近隣の団地やアパート住みの方にうまくアプローチをすればすぐに売却出来る可能性もあり。その地域のことを熟知している地元不動産仲介業者がおすすめです。

 

 

●田舎の土地を売却したい方
地元密着型の不動産会社がお勧め
田舎の物件は昔ながらその地域に根差して営業をしている不動産屋にお願いするのがいいです。やはり地元を熟知してるので地元のネットワークを生かした売却活動が期待できるでしょう。大手はあまりにも田舎の物件は金額も安いし長期化する可能性もあるのであまりやりたがらない傾向にあります。

 

 

大手不動産会社か地元密着型の不動産会社のまとめ

大手不動産会社,地元密着型不動産会社,メリット,デメリット不動産売却

大手不動産会社と地元密着型の不動産会社の特徴やメリットデメリット等を紹介してきました。どちらも一長一短良い点もあれば悪い点もあるので一概にどちらが良いとは言い切れないのですが目安として、人気エリアは大手不動産会社、田舎の物件は地元密着型の不動産会社を基準にするといいと思います。しかし大手不動産会社も営業所を構えて地元密着型の特徴を持っている会社もありますので、はっきりとした線引きはできないです。

 

結局のところ、不動産会社も大事ですが担当者の良し悪しで決まってしまうところも実は大きいです。まずはなるべく複数の会社に査定を依頼してじっくりとその不動産会社と担当者を比較することが重要だと思います。

 

\不動産一括査定ならココ!/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼

TOPへ