広告費用は売主?不動産会社?
不動産を売却するとなると広告を利用して買主を見つけてなくてはなりません。その広告費は売主であるあなたが支払うのか、それとも不動産会社が支払うのか不安に思う方もいるかと思いません。結論から言うと不動産売却に関わる広告費の支払いは不動産会社が支払う義務があります。

 

その理由は広告費と言うものは不動産仲介手数料に含まれているからです。その根拠になるものが宅建業法に書かれてます。宅建業法では不動産会社が報酬として受け取ることができるものは仲介手数料のみと明確に記述されてあるからです。

 

ただし注意が必要です。通常の広告費ではなく売主でもあるあなたが広告の拡大を目的として不動産会社に依頼する場合は特別広告費として後から請求されることもあります。

 

 

上記の内容をしっかり把握しておくと、通常の広告費に関しては一切広告費を支払う必要がないので万が一、不動産会社から広告費を請求されたら毅然とした態度でその理由を説明しましょう。具体的にどのように言えば良いかと言うと、「通常広告費は仲介手数料に含まれているはずです」と言えば大丈夫です。

 

 

 

まとめ

通常の広告費は不動産会社が支払う!
売主であるあなたが特別にお願いした広告費に関しては請求される可能性がある。

TOPへ