住宅ローンが残っている不動産は売却できるの?

 

 


はい住宅ローンは残っていると売却できないと言う話もありますが結論から先に言わせてもらうと大概の場合が売却することが可能です。要は担保として設定されていた抵当権を外せば問題ありません。現実問題として以外と多くの方が不動産を売却した所で住宅ローンは残っている方が多いです。

▼詳しくは以下をお読みください。▼

 

抵当権とは

不動産を購入した際担保として金融機関に購入した不動産に抵当権を設定するのが一般的です。この抵当権と言うものは万が一返済が滞った場合優先的に担保となっている不動産を売却して資金の回収ができる権利です。この抵当権は売却されても新しい買主に引き継がれるため抵当権が付いている物件はまだ売却できないと言っていいでしょう。そのために抵当権を外す必要があるのです。

 

住宅ローンが残っていても売却ができる2つの方法

 

●新規のローンに上乗せする(買い替えローン)

家の住み替えなどで売却すると言う事は新たに購入する不動産を住宅ローンで購入する方が多いかと思います。新しく購入する住宅ローンに現在残ってしまった住宅ローンも組み入れて合算してローンを組むと言うことです。このローンのことを買い換えローンと呼びます。買い替え論は必ず全ての人ができると言う問題ではなく、当然住宅ローンの借り入れ額が増加するため銀行からの審査も厳しくなります。

 

●任意売却をする

任意売却とはローンが支払えない方が対象で競売を避けて少しでも高く売れる市場で売却をする方法です。一般的に金融機関は借り入れ額を全額返済しなければ抵当権は外せないのが原則です。しかし任意売却業者に依頼して金融機関と交渉してもらうことにより売却する手段です。
任意売却を成功させるには金融機関の協力と売却のお手伝いをしてくれる不動産業者の任意売却に対する経験がとても重要なことになります。ただし売却をした後でも多くの方が借入金が残ってしまう可能性が高いです。(残債務)新売却後は債権者(金融機関)と話し合いをした上で毎月の返済額を決めていくことになります。概ね月額10,000円から50,000円の範囲内が多いです。

 

毎月1万から5万の範囲でも厳しいようでしたら最初から新売却ではなく自己破産を選ぶのも手だと思います。

 

まとめ

住宅ローンが残っていても不動産は売却することが可能です。借り換えローン、任意売却、そして最終手段は競売です。借り換えローンは、前向きなローンですが、資金繰りが苦しくて現場の住宅ローンが支払えないと言う方のための方法が任意売却です。どちらにしても素人の判断で決めるのは無謀ですので必ず不動産会社のアドバイスまたは専門家のアドバイスを聞いてから決めて下さい。

TOPへ