不動産売却の流れを紹介します!

不動産売却は順調にいっても3ヶ月はかかる大きなイベントです!売却するまでの過程にいろいろな段階を得なければなりません。不動産売却の流れを知っておくと全体像が分かりやすくなりますので不動産売却と言う一連の行為のイメージがわくと思います。これは不動産売却の流れについて紹介します。

簡単に不動産売却の流れを紹介します。 よりよい条件で、スムーズに売却を進めていくためにも、自分が売却する際のイメージをつかんで下さい。

 

/不動産売却③上
不動産売却③下

 

不動産売却には3ヶ月かかるイベントです。

不動産はすぐには買い手が見つからず 不動産会社と媒介契約を結んでから実際に売却できるまでは 3カ月間ほどは平均してかかります。 それに売買契約が成立してから引き渡しまでの期間がさらに1ヵ月から3ヶ月かかります。

これは平均的な数値ですので、 人気がない不動産や魅力のない不動産など なかなか買主が見つかりづらい不動産に関しては 一年経過しても買主が現れない売れ残り物件になることもあります。 不動産売買は短期間で考えるのではなく腰を据えて 最低でも3ヶ月から半年はかかるものと認識しておいた方が良いでしょう。

ポイント
あなたの不動産の適正価格を知ることから始まり、 1番売却しやすいタイミングの 売り出しの段階で売却を決めるのが理想です。 世の中の情勢やライバル不動産の状況を把握しつつ 戦略的に売却活動をしてくれる不動産会社を見つけることがポイントとなってきます。 積極的に販売活動をしてくれる不動産会社を見つけるのが重要です。

※適正価格より大きく外れた金額で初値をつけると 1番売却できるタイミングである【売り出し直後】に売れる可能性を下げる原因となってしまいます。 必ず適正価格を把握した状態で売り出し直後に売れるように価格設定するのがポイントです。

不動産売却の流れについてのまとめ

宅地建物取引士鉄朗

不動産売却の流れについて紹介してきました。一言で不動産売却といってもいろいろな段階を踏まえて1個ずつクリアしていかなければなりません。

 

また、不動産売却は一日や二、日ましては一か月では終わらず順調に行って3ヶ月だと認識しましょう。売れるタイミングを逃してしまったり、人気のない物件は1年以上経過してしまうこともありますので、しっかりとした不動産会社の担当者を見つけることが不動産売却成功の大きなポイントです。

 

不動産会社を探すのならば不動産一括査定を利用するのがとても便利です!手間なく労力をかけずにあなたのエリアの売却力のある不動産会社を探してくれます!不動産一括査定を利用して売却力のある強い不動産会社と担当者を探しましょう。

 

\かんたんに自宅のお値段が分かる/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼

TOPへ