はじめての不動産売却ですと色々と戸惑うとことがあります。その一つに仲介契約と買取契約があります。仲介と買取もその1つだと思います。ここでは仲介と買取の特徴や違いについてわかりやすく説明します。

仲介と買取ではどのへんが違う?

仲介と買取を一言で言うと、【仲介】は不動産会社に依頼して物件の買主を探してきてもらう方法です。 【買取】は、直接不動産会社に物件を買い取ってもらうです。
仲介の場合 買取の場合
買主 主に一般個人 不動産会社
売却手続期間 買主を探さないといけず手続きが完了するまで順調にいっても3ヶ月程度の売却時間がかかる 不動産会社が購入してくれるため即売却できる。 (手続きの時間もいれて1ヶ月で完了)
売却価格 一般的に相場価格で売却できる。 仲介と比べると売却価格が低くなるのが一般的

仲介とは

仲介業を行う不動産屋さんは、買い手と売り手の間に入って自宅の売買を仲介することを言います。 仲介売買の場合、一般市場の中から買い手を見つけることになるので売却する時間も少々長くなります。 買い取りと比べてみると、売却金に差がでることがあるので高く売りたい場合には仲介を選ぶことが多いです。

 

高く売却を希望する方にお勧めです。

仲介の説明図


買取りとは

買取業務とは、不動産屋さんがあなたの自宅を直接買い取る方法を指します。 買取業務では相手がすべて不動産屋さんでもあるので、非常にスピーディーに物事が進み、 あなたの手間がかからないばかりか、時間もかかりません。 しかし、買取は価格面において仲介よりもマイナス面があります。というのも、一般的に2~3割程度が仲介よりも安くなるというケースも多いようです。

 

少しでも早くで売却したい方にお勧めです。

買取の説明図

不動産会社に買取依頼するための査定が可能

買取業務を行っている不動産会社なら買取を目的とした査定を依頼することも可能なので、すぐにでも売りたい人にはおすすめです。 不動産会社に仲介を依頼して売買するとなると買い手を見つけるだけでも、 売り出し始めてから最短でも3カ月程度は時間がかかってしまいます。 しかし不動産会社によって買取が可能であれば、なんと最短2週間程度で不動産売買が完了してしまうのです。 相場より若干売却額は減りますが、一番早く売却を済ませるにはこの方法が最適で、 時間を要さない不動産会社の買取査定が最適だと言えます。

仲介と買取の違いメリットデメリットグラフ

 

仲介と買取についてのまとめ

 

仲介と買取の特徴について説明してきました。おさらいをすると、少しでも高く売却したい方は仲介、少しでも早く売却したい方は買取の認識で良いかと思います。実際多くの方は少しでも高く売却したい方が多いので仲介で契約している方が多いです。不動産と言う高価な商品を取り扱っているので、ちょっとした差で数百万変わってきますからね。

 

買取ですと、手間も時間も労力もかからないのですが相場の価格より6割から8割になってしまうのでよほどの理由がない限り仲介での契約がお勧めです。万が一買取を行う場合は必ずできる限り多くの不動産会社に査定依頼を出して下さい。何故かと言うと海外ですと査定額=買取額になりますので徹底的に比較するのが良いかと思います。

 

仲介…
少しでも高く売却したい方

買取…
早く売りたいした方
手間をかけたくない方
人気薄物件
近所に内緒で売りたい方
瑕疵担保責任を負いたくない方

 

\お勧めの一括査定はコチラ/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼

TOPへ