媒介契約と専任契約の違い

 

媒介契約と専任契約はどこが違うの?

契約の種類一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他社への媒介依頼XX
自己発見の直接契約X
報告義務義務なし2週間に一回以上1週間に1回以上
有効期間無制限3ヶ月3ヶ月
レインズの登録義務義務なし7日以内に登録5日以内に登録
不動産売却では、個人の売り手と個人の買い手が売買契約を交わす必要があり 不動産会社に間に入ってもらい仲介をしてもらう媒介(仲介)取引が一般的です。
媒介とは、仲介という意味で、不動産の専門用語としては度々使われている言葉です。媒介とは、仲介、つまり間に入って調整するという意味を持っています。

媒介契約を結ぶためには、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの中から1つを選ぶことになり、それぞれ特徴が異なります。


・一般媒介契約⇒複数の不動産会社と契約を結ぶことができる
・専任媒介契約⇒1社しか媒介契約する不動産屋さんが選べない
・専属専任媒介契約⇒不動産屋さんとの媒介契約は1社のみである、および買い手を自ら見つけることができない

 

専任媒介契約は信頼できる不動産屋さんとのみ結ぶことがおすすめで、一般媒介契約は不動産の情報がいまいち把握できていないときに結ぶのがよいでしょう。

 

一般媒介と専任媒介図

 

媒介契約と専任契約のまとめ

媒介契約と専任契約のまとめ

媒介契約と専任契約の違いについて紹介してきました。それぞれ特徴があり悩むところですが当サイトのオススメは媒介契約です。なぜなら信頼できる不動産会社探しが当サイトの目的であり、信頼できる不動産会社が見つかった前提で話をするならば、間違いなく専任契約で良いかと思います。優良な会社でしたらしっかりと、広告費も使ってくれますし売却活動も力を入れてくれるはずです。

 

一般媒介契約で競わせようと言う手もあるかもしれませんが、基本的には売れるか分からないお客様に対してガンガン広告費を打って売ろうとする不動産会社はあまりないのが現状です。どのような場合が一般媒介契約で良いかと言うと、東京都内などの人気エリアでしかも駅近などで売却活動をしなくてもたくさんの見込み客があるような不動産をお持ちの方でしたら一般媒介契約で競わせるのも手です。しかしかなり稀なケースでありますので通常でしたら媒介契約で良いと思います。

TOPへ